iPhoneナビ | iPhone修理店を検索
iPhoneナビ | iPhone修理店を検索 > 記事一覧 > お役立ち情報・コラム > 【iPhone】のバッテリー交換時期の目安と各修理業者のメリット・デメリット

【iPhone】のバッテリー交換時期の目安と各修理業者のメリット・デメリット

この記事は約 1 分で読めます
-

iPhoneのバッテリーだけに限らずバッテリーは使っていくうちに消耗、劣化していきます。
バッテリーが劣化することでバッテリーが1日持たなくなったり、急に電源が落ちたりと使っていくうちにストレスが溜まっていきます。
今回は、バッテリー交換時期の目安と各修理業者のメリット・デメリットをご紹介しようと思います。

iPhoneのバッテリー交換の目安

最大容量80%以下を目安に。
iPhoneのバッテリー交換時期は、大体バッテリーの最大容量が80%を下回ったら交換時期になります。
80%を下回ることでバッテリーが劣化してくるのでバッテリーを交換すれば結構違いが感じられると思います。
最大容量が80%を下回っていない状態でバッテリーの減りが早いと感じる場合は、主に設定関連で改善する可能性が非常に高いと思います。
また、iOSの不具合でバッテリーの減りが早くなることもあるのでそんな時は初期化をして様子を見てみましょう。

iPhoneのバッテリー膨張

バッテリーの劣化以外にもバッテリーに不具合が起きることがあります。

バッテリーの膨張です。
バッテリーが膨らんでくることでバッテリーの減りが早くなってきたり、最終的には充電器を外すと電源が切れるという症状が出ることもあります。

バッテリーが膨張しているかどうか確認するには正直中を見て確認するしか確実に膨らんでいるかを確認する方法はありません。
ただ、簡易的に確認できる方法があります。

ディスプレイを押してみてディスプレイに波のような模様がでるかどうかです。
これが結構大きく出るとバッテリーが膨らんでいる可能性が高いです。

しっかりと確認したい場合は、AppleStoreや正規代理店や街の修理屋さんに持っていき確認してもらうことをお勧めします。

AppleStoreや正規代理店でのメリット

純正品のバッテリーに交換できるというメリットがあります。
街の修理屋さんでは、おそらくAppleの純正品のバッテリーは取り扱いが無いと思うので非純正のバッテリーに変わります。

iPhoneは精密機械になるのでバッテリーの交換でも壊れてしまうことがあります。
タッチパネルが利かなくなったり、正常に起動しなくなったりと様々な不具合が起きてしまうことがありますがそんな時でもAppleStoreや正規代理店では対応してもらえます。
経験上バッテリーの交換の代金で本体を交換してもらったこともあります。

保証が残っている状態でバッテリーが劣化していれば基本的に無償で交換することができます。
画面割れなどの破損がない状態でバッテリーが劣化していれば無償になる可能性があるので保証が残っている状態ならまず、AppleStoreや正規代理店に相談しましょう。

AppleStoreや正規代理店でのデメリット

バッテリーを交換したと思っていても画面が割れてしまったりと破損がある上ではバッテリーの交換ができないことがあります。
できない理由については、店員さんの話しでは、『吸盤でくっつけてiPhoneを開けるので開ける際に割れが広がってしまったり最悪操作ができなくなってしまう』とのことでした。
メリットの方でご紹介した【交換後に不具合が起きた時に対応してもらえる】ですがこれはもちろん画面割れなどがない状態に限りますのでご注意を。

保証が切れてしまっていると料金が発生してしまい結構高いです。
以前までは、約4,000円くらいで交換できていたバッテリーですが最近は料金が改訂され8までが5,940円(税込み)でX以降は8,140円(税込み)です。
街の修理屋さんも店舗ごとに寄りますが正規店よりも安いお店がほとんどです。

在庫がないときがある
バッテリー交換をしたいと思っても在庫が無ければ交換することができません。
そのため、バッテリー交換に持っていく前には在庫があるか確認しましょう。
店舗に電話で問い合わせればほとんど確認してもらえます。

AppleStoreや正規代理店は、予約がかなり取りづらいです。
その日の持っていこうと思い電話しても予約が埋まっていることの方が多いと感じます。
そのため、予定が決まったらまず電話をし、予約が取れるか確認しましょう。
予約なしでも対応しても可能性はありますが待ち時間がかなり長時間になることは覚悟していきましょう。

街の修理屋さんのメリット

街の修理屋さんでは正規店に比べて安くバッテリーを交換できます。
店舗ごとに料金が違うので持っていこうと思っているお店に電話などで確認しましょう。

AppleStoreや正規代理店では、予約なしだと対応してもらえないことが多いのに対し、街の修理屋さんでは、予約が無くても対応してもらえることが多いです。
そのため、急いでる方は近くの街の修理屋さんに即日できるか確認してみるのも良いかと思います。

AppleStoreや正規代理店と比較して店舗数が圧倒的に多いです。
正規店がない都道府県もあるかと思いますが街の修理屋さんはほとんどの都道府県にあると思います。
そのため、遠出せずにバッテリー交換を行うこともできます。

街の修理屋さんのデメリット

バッテリー交換後にiPhoneが正常に起動しなくなったら対応してもらえないことが多いです。
全てのお店が対応してくれないというわけではありませんがほとんどが対応していないと思います。
安くバッテリー交換を行うことができますがその辺のリスクも頭に入れて持っていきましょう。

iOSのバージョンにもよりますが今は、設定からバッテリーの最大容量を確認することができます。
ですが、非純正のバッテリーに代わることでiPhoneの設定からバッテリーの状態を確認できなくなることがあります。
日常生活に支障があるかと言われれば正直全くありません。

街の修理屋さんでバッテリーを交換すると保証が適用できなくなります。
そのため、画面割れなどが無くて保証が残っていても正規店では、有償での修理になります。
AppleCare+などが残っていてもそれを使うことができないのでかなり高額になります。

自分で修理する際のメリット

バッテリーを自分で交換するときはAmazonなどで売っているバッテリーを買い交換すると思います。
そうなると正規店や街の修理屋さんで修理するよりも安く交換することができます。

自分で修理する際のデメリット

iPhoneを開けてバッテリーを交換するので正常に起動しなくなる可能性が高いです。
部品を外す手順などネット上に出ていますがその通りにやっても壊れてしまうことがあります。

街の修理屋さんでバッテリーを交換した時と同様に保証が残っていても保証外として扱われるため料金が発生します。

バッテリー交換のまとめ

以上がiPhoneのバッテリー交換の目安と各修理業者のメリット・デメリットです。
やっぱり保証が乗っている状態では、AppleStoreや正規代理店に持ち込むのが良いと思います。
ただ、今日中に何とかしたい方などは街の修理屋さんの方が対応してもらえることが多いのでそちらをお勧めします。
ただ、リスクがあることを忘れずに。
正規店や街の修理屋さんどちらに持っていくにもデータのバックアップは必ず取ってから行きましょう。
バッテリーの交換でデータを消すというのは正直考えにくいですが念には念をということでバックアップだけは取っていきましょう。

0

コメントをする

ログインしてコメントする※コメントは承認後に表示されます。