iPhoneナビ | iPhone修理店を検索
iPhoneナビ | iPhone修理店を検索 > 記事一覧 > お役立ち情報・コラム > Lightningケーブルが使えなくなってしまった時の修理方法|被膜が破けているときは買った方が安い

Lightningケーブルが使えなくなってしまった時の修理方法|被膜が破けているときは買った方が安い

この記事は約 1 分で読めます
-

iPhoneを購入した時に一緒についてくるLightningケーブルですが使用していくうちに充電ができなくなってしまうことがあります。
今回は、Lightningケーブルが使えなくなってしまった時の修理方法をご紹介します。

Lightningケーブルの被膜が破けているときは買った方が良い

まず、Lightningケーブルの被膜が破けてしまったり、接続する部分が割れてしまっているときは購入した方が安くなります。

Genius BarなどのAppleが運営している修理店なら料金は購入するのと変わらないと思いますがカメラのキタムラやビックカメラなどの正規サービスプロバイダでは購入よりも料金が高くなってしまうので損傷がある場合は、修理に持っていくよりも購入しましょう。

Lightningケーブルの修理は正規店に持っていく

Lightningケーブルが使用できなくなってしまった時は、正規店に持っていきましょう。
理由は、街の修理屋さんでは修理できないからです。
iPhoneの保証が残っている状態で損傷が無ければ正規店で無料でケーブルの交換を行ってもらえるのでケーブルが使用できなくなってしまった時は正規店に持っていきましょう。

ただ、先ほどもご紹介しように損傷があると保証が残っていても料金が発生するので購入を検討しましょう。
また、保証が切れてしまっていても料金が発生するので保証が切れている場合も購入を検討しましょう。

iPhoneの保証の確認は、Appleサポートから確認しましょう。

Lightningケーブルの不具合かiPhone本体の不具合か確認する

まずは、ケーブルの不具合か本体の不具合か確認しましょう。
確認方法は、簡単です。

・別のiPhoneを充電してみて充電できればケーブルの不具合
・他のケーブルでもiPhoneが充電できなければ本体の不具合

これでケーブルか本体どちらの不具合か確認することができます。

もし、他の端末でも充電できなければケーブルの不具合の可能性が高いです。
ただ、電源アダプタの可能性もあるので一応アダプタも交換して試してみましょう。

Lightningケーブル・電源アダプタの不具合の場合は、正規店に持っていきましょう。

iPhone本体の不具合の場合も、保証状況によって持っていくお店を決めましょう。

正規店に修理に持っていく際の注意点

・保証状況を確認する
・バックアップを作成する
・予約を取る

以上が正規店に持っていく際の注意点です。

Appleの保証状況を確認する

先ほどもご紹介したようにAppleサポートから保証状況を確認しましょう。
保証が残っている状態なら正規店に持っていくのが良いと思いますが保証が切れてしまっているときは、街の修理屋さんに持っていく方が安くなります。

ただ、保証が残っていても画面割れなどの損傷があると正規店でも料金は発生するので注意しましょう。

データのバックアップを作成する

iPhone本体の不具合で正規店に持っていく際には、データのバックアップを作成してから修理に持っていきましょう。
正規店での修理内容は、本体の交換になることが多いのでデータが消えてしまいます。
また、本体の交換にならなくても初期化を行うことがほとんどなのでデータのバックアップは必ず取ってから修理に持っていきましょう。

iPhoneのバックアップ方法。

修理予約を取る

データのバックアップが取れたら来店予約を取りましょう。
正規店では、予約が無いとその日に対応して貰えないことが多く、対応して貰えても待ち時間が長時間になってしまうことがほとんどです。
その為、修理に持っていく際には必ず予約を取ってから修理に持っていきましょう。

街の修理屋さんに持っていく際の注意点

・保証状況を確認する
・修理できないことがある

以上が街の修理屋さんに持っていく際の注意点です。

iPhoneの保証状況を確認する

正規店でもご紹介したようにまずは、保証状況を確認しましょう。
保証が残っているときには、正規店の方が無料で修理できることがあるので必ず保証状況を確認しましょう。

保証が残っている状態でも街の修理屋さんで修理することは可能ですが保証が残っているiPhoneを街の修理屋さんで修理することで保証が適用できなくなってしまうことがあります。

その為、保証が残っているときは正規店に持っていきましょう。
ただ、保証が切れてしまっていると正規店だとかなり高額になってしまうので保証が切れているときは街の修理屋さんに持っていきましょう。

街の修理屋さんでは修理できないことがある

iPhoneの状態によっては、街の修理屋さんでは修理できないことがあります。
街の修理屋さんは、正規店では修理できない部品の交換を行うことができます。

今回の症状だとLightningコネクタ部分の不具合の可能性が高く、正規店では、本体の交換になってしまうことがほとんどです。

街の修理屋さんでは、本体の交換はできないですがLightningコネクタの交換を行うことができます。

もし、Lightningコネクタ部分以外の不具合の場合、部品交換が可能な部品なら修理することはできますが部品交換ができない部分なら修理することができないので注意しましょう。

修理できるかどうかは、iPhoneの状態によって変わるのでまずはお店に持っていきiPhoneの状態を確認して貰いましょう。

まとめ

以上がLightningケーブルが使用できなくなってしまった時の修理方法です。
Lightningケーブルに関しては、正規店一択ですが損傷があったり保証が切れているときは購入するのが良いです。

本体の不具合になると保証状況によって修理に持っていくお店を決めましょう。

0

コメントをする

ログインしてコメントする※コメントは承認後に表示されます。