iPhoneナビ | iPhone修理店を検索
iPhoneナビ | iPhone修理店を検索 > 記事一覧 > お役立ち情報・コラム > 【iPhone】カメラレンズが割れてしまったら・・・カメラレンズの直し方を紹介

【iPhone】カメラレンズが割れてしまったら・・・カメラレンズの直し方を紹介

この記事は約 1 分で読めます
-

最近では、カメラの性能も向上しているiPhoneですが、カメラレンズが割れてしまうことが結構あります。
カメラレンズが割れてしまうとせっかく性能の良くなっているカメラでも画質が悪くなったり、写真にヒビが映ったりとメリットが見当たりません。
今回は、カメラレンズの直し方についてご紹介しようと思います。

iPhoneのカメラレンズが割れてしまった時の直し方

まず、AppleStoreや正規代理店に持っていくのが一般的です。
ただ、正規店だとほとんど本体交換になります。
本体交換になるとデータを全て消去されてしまうのでバックアップが必須になります。
さらに、カメラレンズが割れているということで料金も発生します。
AppleCare+に入られている方などは、12,980円(税込み)で本体交換をできますが保証が切れているとかなり料金は上がります。
保証が残っている方もカメラレンズにヒビが入っただけで約13,000円の出費になってしまいます。

街の修理屋さんに持っていく

次に、街の修理屋さんに持っていくのも一つの手段です。
正規店だと本体交換になりますが街の修理屋さんだとカメラレンズの交換を行っているところも多く部品交換だけになるのでデータが消えない可能性があります。
料金についても正規店だと13,000円くらいなのに比べ街の修理屋さんなら5,000円くらいでカメラレンズを交換してくれるお店もあります。
料金については、自宅の修理屋さんに聞いてみましょう。

自分で修理する

Amazonなどにカメラレンズが売っているのでもしその部品が手に入れば自分で修理することも可能です。
ただ、iPhoneを壊してしまう可能性もあるので行うときは自己責任でお願いします。
正直、自分で修理することでiPhoneが壊れて使えなくなってしまうこともあるので自分でするメリット以上にリスクの方が大きいのでお勧めはできません。

AppleStoreや正規代理店で修理するメリット

今回のカメラレンズの割れだけなら正規店に持っていくメリットはないような気がします。
画面も割れていてカメラレンズも割れていてとかなら保証が残っている方は正規店の方がメリットが大きくなる可能性もありますがカメラレンズ以外普通に使えているなら正規店に持っていくのはあまりお勧めできないですね。

AppleStoreや正規代理店で修理するデメリット

先ほども書いたようにカメラレンズだけの割れでも本体交換になるので料金が発生し、しかも高いです。
さらに、本体を交換するのでデータが必ず消えます。
正規店はとにかく予約が取りづらく、飛び込みだと待ち時間がかなり長くなるのと対応してもらえない可能性があります。

街の修理屋さんで修理するメリット

街の修理屋さんで修理するメリットは以上です。
まず、正規店と比較すると料金が安いです。
これもカメラレンズだけの交換で比較した時なので他の部分が壊れていると正規店と変わらなくなる可能性もあります。
次に、データが消えない可能性があるところです。
あくまで可能性なので修理に持ち込む際にはバックアップは必ず取りましょう。
街の修理屋さん、最大のメリットはその日に対応してもらえる可能性があるという点です。
正規店が確実にできないというわけではないですが対応してもらえないこともあります。
ただ、街の修理屋さんなら時間帯にもよると思いますが対応してもらえることが多い気がします。
お店によると思うので確実に対応してもらいたい人は予約を取ってから行きましょう。

街の修理屋さんで修理するデメリット

デメリットは、保証が使えなくなる可能性があるという点ですね。
確実に保証が使えなくなるというわけではありませんがiPhoneを開けた痕跡があったり、カメラレンズが非純正品だと分かれば保証が使えなくなります。
もし、保証が残っていても街の修理屋さんで修理する際には、保証が使えなくなるということも頭に入れて持っていきましょう。

自分で修理するメリット

自分で修理するメリットは費用が抑えられるという点ですね。
通販などで安く部品を購入し、自分で交換すれば街の修理屋さんで修理するよりも安く済むと思います。

自分で修理するデメリット

正規店や街の修理屋さんでも壊れる可能性はありますが自分で修理するよりも壊れる可能性は低くなると思います。
修理になれていなければ正規店か街の修理屋さんに持っていくことをお勧めします。

まとめ

今回は、カメラレンズの割れの直し方を紹介しましたが正規店だとかなり料金が大きくなってしまいます。
なのでカメラレンズの割れだけなら街の修理屋さんに持っていく方が安く済むと思います。
ただ、もしカメラレンズが非純正品だと発覚すると保証が使えなくなってしまうのでそこだけはご注意を。
以前カメラレンズを交換したiPhoneを正規店に修理に出しましたが保証が使えたのでそこまでカメラレンズを気にしていないのかなという印象です。
確実に保証が使えるというわけではないのでご注意ください。

0

コメントをする

ログインしてコメントする※コメントは承認後に表示されます。