iPhoneナビ | iPhone修理店を検索
iPhoneナビ | iPhone修理店を検索 > 記事一覧 > お役立ち情報・コラム > 【iPhone】が水にぬれてしまったら・・・対処方法を徹底解説

【iPhone】が水にぬれてしまったら・・・対処方法を徹底解説

この記事は約 1 分で読めます
-

よく勘違いされているのですがiPhoneは、防水ではありません。
防水だと勘違いしている人が多いですが防水ではなく、耐水です。
もちろん、生活での水とかなら防ぐことはできると思いますが、水の中に落としてしまったりするともちろん故障してしまいます。
確実に故障するというわけでは、ありませんが高確率でどこかに不具合が出てくると思います。

iPhoneが水にぬれてしまった時に行うこと

iPhoneが水にぬれたり、水没してしまった場合は、まず電源を落としましょう。
電源を入れたままにするとiPhoneがショートしてしまい最悪電源が入らなくなってしまいます。
そのため、まずは電源を落とすことを優先しましょう。
iPhoneの電源を落としたら水分を取りましょう。
ライトニングコネクタ部分に水分が残っていると腐食してしまい、端子が折れて、最悪充電できなくなる可能性があります。
また、水没してしまった場合でもなるべく早く乾かすようにしましょう。
内部が腐食してしまうと電源が入らくなってしまったり様々な部分に不具合ができてきます。
ただ、iPhoneを乾かすときにはドライヤーやヒーターを使用することはやめましょう。
なるべく乾燥材などで水分をなくしましょう。
乾かした後にもし電源が張る場合は、バックアップを取るようにしましょう。
電源が入らなくなったらバックアップを取ることができなくなってしまい、データがすべて消えてしまう可能性があります。
可能であればすぐにバックアップを作成しましょう。
データのバックアップは何かあった時のために日頃からこまめに取るようにしましょう。
水にぬれたり、水没してしまった場合はすぐに修理業者に持っていきましょう。
自分で行えることとしたら上記で記載した乾かすこととバックアップを作成すること以外正直思いつきません。
自分でiPhoneを分解し、乾かすというやり方がありますがあまり知識がない人が行ってしまうとiPhoneにとどめを刺してしまう可能性があるのでお勧めできないです。

AppleStoreや正規代理店のメリット

AppleStoreや正規代理店では、本体の在庫があれば即日で本体交換できる可能性があります。
これは、本体の状態や損傷具合によってその日にできるかどうか決まってきますのでまずは、予約を取って正規店に相談するのが良いと思います。

他の不具合が出ており、内部に水濡れが無ければ無償になることがある
正規店で「水にぬれてしまって・・・」と言うとほぼ100%料金が発生します。
ただ、水に濡れたということを言わなければ料金が発生しないことがあります。
これは、他の部分に不具合が出ていて内部に水に濡れた痕跡がないときにのみ有効なのでカメラレンズ部分に水滴がついているときは嘘をつかずに水に濡れましたと言った方が修理は早く終わります。
外から見ても水濡れがわからなければ水に濡れたと言わなくても良いと思いますがiPhoneの中に水滴があれば水濡れになるのでその時には諦めましょう。
AppleCare+の保証が残っている状態なら水濡れの本体交換なら12,980円(税込)で本体交換を行うことができます。
回数制限はありますが、保証が残っている状態なら正規店に持っていくのが良いと思います。

AppleStoreや正規代理店のデメリット

iPhoneが水に濡れてしまうとほぼ100%料金が発生します。
内部に水濡れが無ければ料金が発生しないこともありますがほとんど料金は発生します。
保証が残っている状態なら料金は、12,980円(税込)ですが保証が切れてしまっているとかなり高額になってしまうので保証が残っている状態なら持っていっても良いと思いますが保証が切れている場合はあまりお勧めできません。
予約が無いと待ち時間がかなり長時間になり、最悪、その日に対応してもらえないことが多いです。
もし、持っていくなら電話で予約を取るか直接言って対応できるかどうか確認しましょう。
メリットの部分でも記載したようにiPhoneの状態によってはその日に交換できないことがあります。
アップルの修理センターに送らないといけない状況というのがあるみたいなのでこれは正直持っていってみないと分からないと思います。

街の修理屋さんのメリット

即日に対応してもらえることが多い
正規店では、待ち時間が長時間になったり、その日に対応できないことが多いですが街の修理屋さんでは、その日に対応してもらえることが多い気がします。
予約が無くても持っていってみたら多少待ち時間はありますが正規店と比較するとそこまで長時間ではないと思います。
iPhoneの修理を行った後にデータの復旧まで行ってくれる可能性があります。
あくまで可能性なのでできる店舗とできない店舗がありますのでお店の人に聞いてみると良いでしょう。
できなくても怒らないように。。。

街の修理屋さんのデメリット

街の修理屋さんに修理を行ってもらいその後、別の不具合で正規店に持っていった際に保証が適用できなくなることがあります。
iPhoneを開けて閉じる程度なら問題はないと思いますが部品の交換とかを行っていると保証はほとんど適用できなくなります。
保証が残っている状態でも保証が使えなくなるので保証が残っている場合は一度正規店に持っていくのが良いと思います。
これは、正規店同様なのですが料金が発生します。
保証が切れてしまっている状態なら正規店よりも安く済むので保証が切れてしまってなおすぐに直してほしい方は街の修理屋さんに一度ご相談すると良いと思います。
データの取り出しまで行っているお店もありますがデータを取り出せるかどうかは正直やってみないと分かりません。
お店の人も何とか大切なデータを取り出そうとしますが状態によっては取り出せないこともあるので覚悟はしておきましょう。

自分で修理するメリット

自分の好きな時間に行える
自分で修理するメリットですが自分の好きな時間に行えるということしかないと思います。
水に濡れたのが夜中だとどこのお店も営業していないことがあります。
ですが、自分で修理を行えるなら家にすぐ帰って修理するということが可能になります。

自分で修理するデメリット

自分でiPhoneを開けて部品交換などを行うと保証が使えなくなります。
保証が残っている状態で修理すると保証が使えなくなってしまうので正規店に持っていくのが良いと思います。
iPhoneは精密機械になるので自分で修理を行うことで壊してしまう可能性があります。
特に水濡れの修理となるとアルコールに一時つけたりと結構準備するものも多くなるので正直、自分で修理して使えなくするよりは正規店や街の修理屋さんに持っていくのが良いと思います。

まとめ

iPhoneが水に濡れたり、水没したりすると様々な部分に不具合がでてきます。
もし、濡れてしまった場合には水分をふき取り、乾燥剤などと一緒に入れ乾かすことを行いすぐに修理に持っていくのが良いと思います。
正規店では、確実にデータを消去されますが街の修理屋さんならデータの復旧まで行ってくれるところも多いと思うのでデータが大事という方は一度ご相談するのが良いと思います。
ただ、戻らないこともあるので日頃からデータのバックアップは行っていた方が良いと思います。

0

コメントをする

ログインしてコメントする※コメントは承認後に表示されます。