iPhoneナビ | iPhone修理店を検索
iPhoneナビ | iPhone修理店を検索 > 記事一覧 > お役立ち情報・コラム > 【iPhone】が圏外になってしまうときやモバイル通信が行えないときの対処方法

【iPhone】が圏外になってしまうときやモバイル通信が行えないときの対処方法

この記事は約 1 分で読めます
-

iPhoneは急に圏外になってしまうことがあります。
今回は、圏外になってしまったiPhoneの考えられる原因と対処方法を紹介しようと思います。
まず、考えられる原因は以下の通りです。

・設定の問題
・携帯料金の延滞
・SIMカードの問題
・システムの問題
・プロファイル設定の問題
・iPhoneの故障

これについて詳しく記載していこうと思います。

iPhoneの設定の問題。

まず、考えられるのは設定の問題です。
確認してほしいのは、

設定→モバイル通信→モバイルデータ通信

これがオフになっていればモバイル通信が行われない為、圏外になる可能性があります。
正直、圏外という表示にならないこともありますがモバイル通信ができていない時はまずここを確認しましょう。
また、初期化では無いですが、

設定→一般→リセット→ネットワーク設定のリセット

を試すのも良いと思います。

携帯料金の滞納

携帯料金を滞納してしまうとモバイル通信が行えなくなったり、圏外表示になったりします。
これの場合は、携帯料金を支払うことで普段通り使えるようになるのでまずは、携帯料金を支払いましょう。

SIMカードの問題。

次に考えられる理由は、SIMカードの問題です。
あまり考えにくいですがまれにSIMカードが壊れてしまい、圏外になったり、モバイル通信が行われなくなったりします。
その為、携帯会社に持っていき、SIMカードの交換してもらいましょう。

携帯会社に持っていく際の注意点ですが、家電量販店などに入っている携帯会社ではSIMカードの交換が行えないことがあったりするのでショップに持っていくのが良いと思います。

システムの問題。

OSのアップデートが上手く行かなかったり、OSに不具合が出ていると圏外はモバイル通信に影響が出ることがあります。
これは、モバイル通信だけでなく、他の部分にも影響が出たりします。
以前あった例を上げると、電話がなっても出ることができないという不具合が出ていました。

プロファイル設定の問題

docomo、au、softbankなどの3大キャリアではSIMカードを挿入するだけで使えるようになりますが格安SIMだとプロファイルの設定をしないと圏外に状態のままの時があります。
各携帯会社によってプロファイルの入れ方は違うと思いますが基本的にwi-fiに繋がっている状態で例えば

【楽天モバイル プロファイル】

という風に調べれば出てくるのでそこからプロファイルを入れ、設定からプロファイルを有効にしましょう。
もし、プロファイルの問題で圏外になっているときは、これをすることで改善されることが多いです。
ただ、UQモバイルだとiPhone6にはSIMが対応していないのでプロファイルを入れても圏外から直ることはありません。

iPhone本体の故障・不具合

最後にiPhoneの故障が考えられます。
iPhoneが故障してしまっているとSIMカードの交換を行っても初期化をしてもモバイル通信はできないままです。
iPhone7では、圏外になってしまう症状の交換・リペアエクステンションプログラムも出ていますのでiPhone7で圏外になってしまった場合は、すぐに正規店に持っていきましょう。

iPhoneが圏外やモバイル通信ができない時の対処方法

・SIMカードの交換
・アップデート・初期化
・修理に持っていく

以上が対処方法です。

SIMカードの交換をする

たまに、SIMカードが壊れてしまっており、圏外になってしまうことがあります。
この場合は、SIMカードの交換をすると直るので携帯会社に持っていきましょう。
SIMカードの交換で携帯会社に行った際に携帯料金が滞納していればそこで払えば大丈夫なのでまずは携帯会社に持っていきましょう。

アップデート・初期化を行う

SIMカードの交換を行ってもモバイル通信が直らない場合は、アップデート・初期化を行いましょう。
アップデート・初期化は、PCに繋いで行う方をオススメしますがPCが無い方や時間が掛かるのが嫌な方は正規店や街の修理屋さんに持っていきましょう。

正規店ならほぼ確実にアップデート・初期化を行ってもらえますが街の修理屋さんで行ってもらえるかはお店によって違うので確認しましょう。
アップデートでエラーが出てしまうと初期化になってしまうのでアップデートを行う前には、データのバックアップとアプリの引継ぎ設定は必ず行ってからアップデート・初期化を行うようにしましょう。

初期化をしても直らない場合は、修理に持っていきましょう。

iPhone7の圏外は正規店に持っていこう。

iPhone7は、圏外表示に関する交換・リペアエクステンションプログラムが出ているので無償で本体の交換ができる可能性があります。
なので、まずは正規店に持っていき、状態を確認してもらいましょう。

ですが、交換・リペアエクステンションプログラムは、購入から4年以内という条件があるので圏外になってしまったらすぐに持っていきましょう。
おそらく、初期化の作業を行うと思いますが初期化後に圏外が直らなければ交換・リペアエクステンションプログラムの対象になり、iPhoneの内部に水濡れが無ければ無償で交換して貰えます。

基本的に正規店では、他社製の部品がついている有償になってしまうことがほとんどですがiPhone7の圏外の故障に関しては他社製の部品がついていても無料で交換してもらえる可能性があります。

私も他社製のディスプレイがついていても無償で交換できました。
購入から4年以内のiPhone7が圏外になった時はすぐに正規店にもっていきましょう。

AppleStoreなどの正規店に持っていく。

iPhone7だけでなく、iPhoneXやiPhone8も保証期間内ならAppleStoreなどの正規店に持っていきましょう。

・保証期間を確認する
・画面割れなどがないか確認する
・バックアップを取る
・予約を取る

これが正規店に持っていく際の注意点です。
保証期間が残っており、画面割れや水濡れが無ければ無料で対応してもらえます。
画面割れなどがある場合でもAppleCare+に入っていれば比較的安く交換してもらえますがAppleCare+に入っていない場合は、かなり高額になります。
iPhoneが圏外になってしまい正規店に修理に持っていった際には必ずと言っていいほど初期化をされます。

初期化をするのでデータのバックアップは必ず取ってから修理に持っていきましょう。
また、予約が無いとその日に対応してもらえない可能性があるので正規店に持っていく際には予約を取りましょう。

街の修理屋さんに持っていく。

正直、街の修理屋さんで圏外の故障を直して貰えるかは微妙です。
基盤部分のケーブルの損傷が原因で圏外になっている場合は、ケーブル交換を行っているお店もあるので直すことは可能だと思いますが基盤が原因の場合は、できないと思います。

もし、保証が切れていて正規店だと高額になってしまう場合は、街の修理屋さんに一度相談することをオススメします。
ただ、確実に修理できるかは、お店の人に聞いてみないと分からないので一度iPhoneの状態を見せるのが良いと思います。

まとめ

・iPhone7の圏外は正規店に持っていく
・SIMカードの交換を済ませてから修理に持っていく
・データが消える可能性があるのでバックアップを必ず取る

以上が今回のまとめです。
iPhoneの圏外になってしまう原因と対処方法について記載しましたがiPhone7の圏外に関しては症状が出てすぐに正規店持っていくことをオススメします。
4年以上経過していると料金が発生するのでできるだけ早く持っていくようにしましょう。
iPhone7以外の端末での圏外の状態では、正規店に持っていくとまずSIMカードの交換を進めてくるので正規店に持っていく前に携帯会社に行き、SIMカードの交換を行ってからいきましょう。
最後に正規店では初期化の作業でデータは確実に消えます。街の修理屋さんでは初期化はしないかもしれませんがデータが消えてしまう可能性があるのでバックアップは取ってから修理に持っていきましょう。

0

コメントをする

ログインしてコメントする※コメントは承認後に表示されます。