iPhoneナビ | iPhone修理店を検索
iPhoneナビ | iPhone修理店を検索 > 記事一覧 > お役立ち情報・コラム > 【iPhone】ホームボタンが壊れてしまった時の修理方法

【iPhone】ホームボタンが壊れてしまった時の修理方法

この記事は約 1 分で読めます
-

最近では、ホームボタンのついているiPhoneは減ってきていますが今回は、ホームボタンが壊れてしまった時の対処方法を紹介します。
考えられる原因は、次の通りです。

・システムの問題
・ホームボタンの故障
・バイブレーションが故障している

以上が考えられる原因です。

OSのバージョンなどのシステムの問題

OSのバージョンアップなどのでホームボタンが使えなくなってしまうことはあまり考えにくいですがたまにあります。
押しても反応しなかったり、バイブレーションが反応しなかったりと不具合が出てしまう可能性があります。

もし、システムの問題でホームボタンが反応しなくなった場合は初期化を試しましょう。

ホームボタンの故障

初期化をしてもホームボタンが反応しない場合は、ホームボタンが壊れてしまっている可能性が非常に高いです。
iPhone6sまでは物理的なホームボタンでしたがiPhone7以降の機種に関してはホームボタンがディスプレイと一体になっており、感圧式のホームボタンになっています。
もし、AppleStoreなどの正規店で修理する際は、ほとんどが画面の交換になると思います。

バイブレーションが故障している

たまに、ホームボタンではなく、バイブレーションの部品(Taptic Engine)が故障しており、バイブレーションから異音がすることがあります。
基本的には、ネジの締め直しで直ることがあるのですがまれに本体とTaptic Engine繋ぐ部分が壊れてしまい、本体の交換になることがあります。

ホームボタンは反応しているけど変な音がするという場合は、Taptic Engineが壊れている可能性があります。

ホームボタンの修理方法

・AppleStoreなどの正規店に持っていく
・街の修理屋さんに持っていく
・自分で修理する

以上がホームボタンの修理方法です。
保証の状況やiPhoneの状態によって料金が変わってくるので注意しましょう。

AppleStoreなどの正規店に持っていく

正規店でのホームボタンに修理はほとんどが画面の交換になります。
その為、画面が割れてしまっていたりiPhoneの中に水濡れなどがあると料金が発生するので注意しましょう。
AppleStoreなどの正規店に持っていく際の注意点は以下の通りです。

・データのバックアップを取る
・保証状況を確認する
・予約を取る

データのバックアップを作成する

まずは、データのバックアップを取るようにしましょう。
画面の交換でもデータが消えてしまうこともあるのでデータの管理はしっかりとしましょう。

AppleCare+などの保証状況を確認する

次に保証の状況を確認しましょう。
保証が残っている状態で画面割れなどが無ければ料金は発生しませんが保証が切れてしまったり、画面が割れてしまっていると料金が発生します。
保証が切れてしまっていると画面交換でも結構高額になるので保証状況によっては街の修理屋さんの方が安くなります。

AppleCare+に入っていると基本的に2年間の保証がついており、画面が割れてしまっていても比較的安く画面交換ができるのでAppleCare+に入っている方は正規店の方が良いでしょう。

予約を取る

正規店は、予約が無いとかなり待ち時間が長くなってしまいます。
平日でも1時間以上待ち時間が掛かったりするので電話かネットで予約を取ってからお店にいくようにしましょう。

正規店で修理する際の注意点は以上です。
ただ、ホームボタンの修理に持っていっても画面の交換ができない可能性があります。
iPhoneが曲がってしまっていたり、iPhoneの背面が割れてしまっていると本体交換になるのでそこも注意しましょう。

街の修理屋さんに持っていく

次に街の修理さんに持っていく際の注意点です。

・予約をする
・バックアップをする

以上が街の修理屋さんに持っていく際の注意点です。

必須じゃないけど予約を取る

正直、予約が無くてもその日に対応してくれるお店の方が多いですがどうしても混みあっていると待ち時間が長くなってしまうのですぐに対応してほしい人は予約を取ってから持っていきましょう。

バックアップを作成する

次にバックアップをする。ですが、街の修理屋さんでデータが消えてしまう可能性はかなり低いと思います。
ただ、消えてしまった時の為に念のためにデータのバックアップを行いましょう。

街の修理屋さんでは、ホームボタンのみの修理を行っている店舗も多いですがiPhone7以降の機種に関しては、ホームボタンが画面と一緒になっているので画面交換になることが多いです。
また、ホームボタン・画面交換後に指紋認証が使えなくなってしまったりすることがあるので修理前にお店の人に確認しましょう。

保証が切れている方は、街の修理屋さん

保証が切れてしまっている方は、街の修理屋さんの方が安くなります。
その為、保証が切れてしまっている人は街の修理屋さんの方がオススメですがTouchIDが使えなくなってしまう可能性があるので注意しましょう。
また、保証が残っている人でも街の修理屋さんで画面の交換をすると保証が使えなくなってしまうので画面割れなどが無くても正規店で料金が発生するので注意しましょう。

自分で修理する

知識が無い方が自分で修理をするとiPhoneを壊してしまう可能性があります。
ホームボタン・画面交換した後にiPhoneは正常に起動しなくなる可能性があるので部品代は安くなりますが使えなくなってしまうので無駄になってしまうことがあります。

知識のある方は、自分で修理しても良いと思いますがあまり知識が無い方は正規店に持っていくか街の修理さんに持っていった方がトータルで見た時に安くなるので修理に持っていくことをオススメします。

まとめ

・保証がある方は正規店に持っていく
・指紋認証が使えなくなっても大丈夫という方は街の修理屋さんに持っていく
・自分で修理するのはリスクが大きい

以上が今回のまとめです。
基本的にiPhoneの修理は、保証がある方は正規店に持っていくのが良いですが保証が切れてしまいある程度の機能が制限されても良いという方は街の修理屋さんに持っていく方が良いと思います。
もちろん、街の修理屋さんで修理しても指紋認証が確実に使えなくなるというわけではないのでお店に確認しましょう。
最後に自分で修理することに関しては、自分の好きな時間に修理ができるのでメリットもありますが壊してしまう可能性もあるのであまりオススメはできません。

0

コメントをする

ログインしてコメントする※コメントは承認後に表示されます。