iPhoneナビ | iPhone修理店を検索
iPhoneナビ | iPhone修理店を検索 > 記事一覧 > お役立ち情報・コラム > 【iPhone】電話で相手の声が聞こえないときの対処方法

【iPhone】電話で相手の声が聞こえないときの対処方法

この記事は約 1 分で読めます
-

電話をしていて相手の声が聞こえないときがたまにあります。
まず、相手の声が聞こえないときの原因を紹介します。

・使用環境
・埃などでレシーバーが覆われている
・レシーバーが故障している

以上が考えられる原因です。

使用環境を見直そう

電波の悪いところで電話をすると相手の声が聞こえなくなったり、声が途切れ途切れになってしまうことがあります。
なので、まずは自分の使用していする環境が電波の良いところか見直しましょう。
また、自分が電波が良いところで使用していても相手が電波の悪いところにいると声が聞こえずらくなるので注意しましょう。

特定の相手との通話で電話の声が聞こえずらい・聞こえないという場合は相手の使用環境もしくは相手のiPhoneが不具合が出ている可能性もあります。
ほぼ、全員との電話で声が聞こえずらいということであれば自身の使用環境を見直し、それでも直らない場合は、正規店などでiPhoneの状態を見てもらいましょう。

埃などでレシーバーが覆われてしまっている

次に埃などでレシーバーが覆われて相手の声が聞こえずらくなることがあります。
レシーバーの穴が塞がっていないか確認し、塞がっていれば掃除をしましょう。
エアダスターなどで掃除をすることも可能ですが勢いが強すぎてレシーバーを壊してしまう可能性もあるので正規店や街の修理屋さんに持っていって掃除をしてもらいましょう。
掃除をしても改善しない場合は、修理が必要になります。

iPhoneのレシーバーが故障している

iPhoneのレシーバーが故障してしまっており、相手の声が聞こえなくなっている可能性もあります。
また、埃が詰まっており掃除をしても直らない場合は修理が必要になります。
レシーバーの修理は、正規店なら画面の交換になることが多く、街の修理屋さんでも同じように画面の交換になることが多いです。

AppleStoreなどの正規店に持っていく際の注意点

AppleStoreなどの正規店に持っていく時の注意点は以下の通りです。

・保証状況を確認する
・バックアップを取る
・予約を取る
・修理にならないこともある

保証状況を確認する

まずは、保証状況を確認しましょう。
保証が切れてしまっていると画面の交換になった際に結構な料金が発生してしまうので保証が残っているかを確認しましょう。
保証が残っている状態でも画面が割れてしまっていたり水濡れがあったりすると料金が発生するので注意しましょう。
画面割れなどがあってもAppleCare+に入っていれば比較的安く修理ができるのでAppleCare+に入っている人は正規店に修理に持っていくようにしましょう。

バックアップを作成する

次に、バックアップを取るです。
正規店では、データが消えても大丈夫という同意が無いと修理を進めてもらえないのでバックアップを取り、データが消えても大丈夫という状態で持っていきましょう。
画面の交換でデータを削除することは無いようですが念のためにバックアップを取ってから持っていきましょう。

予約を取る

予約を取ってから持っていくようにしましょう。
正規店では、予約が無いとかなり待ち時間が長くなってしまったり、その日に対応してもらえない可能性があります。
その為、予約を必ず取ってからお店に持っていきましょう。

修理にならない可能性がある

最後に修理にならないこともあります。
掃除で直ったり、その時に相手の声が聞こえないという状態が再現できないと修理して貰えません。
なので症状が出ていない状態で持っていっても初期化だけするということになったりするのでたまにしか症状が出ないときはまずはアップルのコールセンターに問い合わせるのも良いと思います。

街の修理屋さんに持っていく際の注意点

次に街の修理屋さんに持っていく時の注意点です。

・予約を取る
・バックアップを取る

必須じゃないけど予約を取る

街の修理屋さんでは予約が無くてもすぐに対応してもらえることが多いですが混み具合によっては待ち時間が発生することもあります。
待ち時間を短くしたいときは、予約を取ってから持っていきましょう。

これも必須じゃないけどバックアップを作成する

次にバックアップを取るですが街の修理屋さんでデータを消すことはほぼ無いと思います。
ただ、データが消えてしまう可能性もあるので念のためにデータのバックアップを取ってから持っていきましょう。

街の修理屋さんでの注意点は以上の通りです。
ただ、保証が残っているiPhoneを街の修理屋さんで修理すると保証が適用できなくなってしまうので保証が残っている方は正規店に持っていくのが良いと思います。
保証が切れてしまっている方は、正規店だとかなり高額になってしまうので街の修理屋さんの方がオススメです。

まとめ

以上が相手の声が聞こえないときの対処方法です。
相手の声が聞こえないという症状の時は初期化をしても直らないことがほとんどです。
まずは、レシーバー部分が埃などで覆われていないか確認し、掃除をしても直らない場合は修理に持っていきましょう。
正規店だと修理に持っていっても症状が再現できないと修理して貰えないのでそこも注意しましょう。

0

コメントをする

ログインしてコメントする※コメントは承認後に表示されます。