iPhoneナビ | iPhone修理店を検索
iPhoneナビ | iPhone修理店を検索 > 記事一覧 > お役立ち情報・コラム > 【iPhone】タッチが反応しないときの修理方法

【iPhone】タッチが反応しないときの修理方法

この記事は約 1 分で読めます
-

iPhoneはたまに急にタッチパネルが反応しなくなる時があります。
タッチが反応しないときは画面の交換になることがほとんどです。
今回は、タッチパネルが反応しなくなった時の修理方法をご紹介します。

タッチが反応しないときの修理方法

・AppleStoreなどの正規店に持っていく
・街の修理屋さんに持っていく
・自分で修理する

以上がタッチパネルが反応しないときの修理方法です。

AppleStoreなどの正規店に持っていく

修理方法の1つ目は、AppleStoreなどの正規店に持っていくことです。
修理に持っていく際の注意点は、

・バックアップを取る
・予約を取る
・AppleIDとPWを確認する
・保証状況を確認する

この3つです。

バックアップを取ってから修理に持っていく

正規店に修理に持っていく際には、バックアップは確実に取ってから持っていきましょう。
データが消えてしまうことに同意しないと修理を進めてもらえないのでバックアップを必ず取りましょう。
タッチが反応しない状態では、画面の交換になることがほとんどです。

画面の交換でデータを消すことは無いとは思いますが画面を交換しても直らなかった場合は本体の交換になるのでデータは全て消えてしまいます。
その為、必ずデータのバックアップを取ってから持っていきましょう。

ただ、タッチパネルが全く反応しない場合は、そこからデータのバックアップを作成することは難しいのでその時は諦めましょう。

予約を取ってから修理に持っていく

正規店だと予約が無いと待ち時間が長くなったり、最悪その日に修理ができない可能性があります。
タッチパネルが反応しないので電話やネットから予約を取ることは難しいと思いますが友達に端末を借りたり、自宅の電話から予約を取るようにしましょう。

AppleIDとPWを確認する

正規店で修理する際には、【iPhoneを探す】という機能をOFFにできないと修理して貰えないのでAppleIDとPWは必ず分かる状態にしましょう。
もし、AppleIDとPWが分からない場合は、Appleのコールセンターに問い合わせましょう。

保証状況を確認する

正規店に修理に持っていった際に保証状況を確認してもらえるのでこれは必ずしないといけない項目ではありません。
ただ、保証が切れてしまっていると料金が発生し、かなり高額になってしまうので時間の無駄なってしまう可能性があります。

街の修理さんに持っていく際の注意点

・保証が適用できなくなる
・機能が制限される
・バックアップを取る
・予約を取る

以上が街の修理さんに持っていく際の注意点です。

Appleの保証が適用できなくなる

街の修理屋さんで修理するとAppleの保証が適用できなくなってしまうので保証が残っていても料金が発生します。
その為、保証が残っている方は正規店に持っていくのが良いと思います。

機能が制限される可能性がある

街の修理屋さんで画面の交換をすると指紋認証が使えなくなってしまうこともあります。
必ず使えなくなるということではないので持っていこうと考えているお店に確認してから持っていくようにしましょう。

必須じゃないけどデータのバックアップを取る

タッチパネルが反応しなくなってしまうとデータのバックアップを作成することは難しくなってしまいますが可能であればデータのバックアップを取りましょう。
街の修理屋さんでは、データを消すことはほとんど無いと思いますが消えてしまう可能性があるのでバックアップが取れる状態なら取ってから持っていきましょう。

予約を取ってから修理に持っていく

街の修理屋さんでは、予約が無くても修理して貰えることが多いので予約を取らなくても問題は無いと思いますが混み合っていると待ち時間が長くなってしまう可能性があるので待ち時間が嫌な人は予約を取ってから修理に持っていきましょう。

保証が残っている方は、正規店に持っていく

保証が残っていて画面割れや水濡れが無い場合は、正規店ではお金が掛からずに修理してもらえます。
その為、保証が残っている方は、AppleStoreなどの正規店に持っていきましょう。

画面割れや水濡れがあると料金が発生しますがAppleCare+に入っていると比較的安く修理することができるので保証が残っている人はまずは正規店に持っていき保証状況などを確認してもらいましょう。

保証が切れてしまっている方は、街の修理屋さんに持っていく

保証が切れてしまっている方は、街の修理屋さんの方が安くなるのでオススメです。
保証が切れてしまっていると画面割れなどが無くても正規店では、結構料金が高くなってしまうので街の修理屋さんの方が良いと思います。

自分で修理する

タッチが反応しない場合は、画面の交換で直る可能性があるので自分で画面の交換をすることで直ることがあります。
iPhoneの画面は、正規品では無いですが販売しているところもあるので自分で修理することも可能ですがもし、画面の交換で改善しなかった場合、ディスプレイの購入代金が無駄になってしまうのであまりオススメできません。

また、iPhoneを壊してしまう可能性もあるので慣れていない方は、修理に持っていくのが良いと思います。

まとめ

以上がタッチパネルが反応しなくなった時の修理方法です。
基本的に保証が残っている方は、正規店で保証が切れている方は街の修理屋さんが良いかと思います。

タッチパネルが全く反応しなくなってしまうとデータのバックアップを取ることができなくなるのでデータの管理は普段からこまめにしましょう。
画面の交換で直ることが多いので自分で修理することも可能ですが画面交換で直らないと購入代金無駄になってしまうので自分で修理するよりも修理に持っていくのが良いと思います。

0

コメントをする

ログインしてコメントする※コメントは承認後に表示されます。