iPhoneナビ | iPhone修理店を検索
iPhoneナビ | iPhone修理店を検索 > 記事一覧 > お役立ち情報・コラム > 【iPhone】・【iPad】のリカバリーモードの入れ方

【iPhone】・【iPad】のリカバリーモードの入れ方

この記事は約 1 分で読めます
-

iPhoneやiPadのアップデートを行うときには、

【設定】→【一般】→【ソフトウェアアップデート】

からアップデートを行うことができます。
ただ、アップルロゴフリーズなどで操作ができないときはPCに接続し、アップデートを行います。

次に初期化の手順ですが

【設定】→【一般】→【リセット】→【すべてのコンテンツと設定を消去】

から、初期化を行うことができます。
これもアップルロゴフリーズなどで操作ができないときにはPCに接続し、初期化を行います。

アップデート・初期化を行うときには、リカバリーモードに入れないといけません。
今回は、リカバリーモードの入れ方をご紹介します。

iPhoneのリカバリーモードの入れ方

まずは、iPhoneとPCに接続し、

【iPhone6s】までは、下記の手順になります。

スリープボタンとホームボタンを長押し

画面が真っ暗になったらホームボタンのみを長押し

PCとケーブルの画面になったらホームボタンを離し、PCを操作する

【iPhone7】では次の手順になります。

音量-とスリープボタンを長押し

画面が真っ暗になったら音量の-ボタンのみを長押し

PCとケーブルの画面になったら音量の-ボタンを離し、PCを操作する

【iPhone8】以降では

音量の+、-、スリープボタンを順番に押し、スリープボタンがだけ長押し

画面が真っ暗なってもスリープボタンのみを長押し

PCとケーブルの画面になったらスリープボタンを離し、PCを操作する

iPadのリカバリーモードの入れ方

【ホームボタン】がついているiPadは以下の手順になります。

スリープボタンとホームボタンを長押し

画面が真っ暗なったらホームボタンにみを長押し

PCとケーブルの画面になったらホームボタンを離し、PCを操作する

【ホームボタン】がついていないiPadは以下の手順になります

音量の+、-、スリープボタンと順番に押し、スリープボタンのみ長押し

画面が真っ暗になってもスリープボタンを長押し

PCとケーブルの画面になったらスリープボタンを離し、PCを操作する

まとめ

以上がリカバリーモードの入れ方です。
PCによってはダウンロードが始まり、かなり時間が掛かってしまうことがあるので注意しましょう。

0

コメントをする

ログインしてコメントする※コメントは承認後に表示されます。