iPhoneナビ | iPhone修理店を検索
iPhoneナビ | iPhone修理店を検索 > 記事一覧 > お役立ち情報・コラム > 【iPhone】スリープボタンが反応しないときの対処方法|ボタンが凹んでいるときはすぐに修理に持っていこう

【iPhone】スリープボタンが反応しないときの対処方法|ボタンが凹んでいるときはすぐに修理に持っていこう

この記事は約 1 分で読めます
-

iPhoneをスリープ状態にするときに使用するスリープボタン。
普段、あまり気にすることが無いですがスリープボタンが反応しないと小さなストレスになっていきます。

反応しないならまだ自動ロックを設定することで何とかなりますが、落下などの影響でスリープボタンが凹んでしまい常に押されている状態になってしまうとiPhoneを使用することが難しくなってしまいます。

スリープボタンが常に押されている状態になると再起動を繰り返すので何もできなくなってしまいます。
今回は、スリープボタンが効かないときの対処方法と修理方法をご紹介しようと思います。

スリープボタンが反応しないときの対処方法

・自動ロックを設定する
・AssistiveTouchをオンにし画面をロックする

以上がスリープボタンが反応しないときの対処方法です。
電源を切るときは、

【設定】→【一般】→【システム終了】

から電源をオフにしましょう。
電源をオンにするときには充電器に接続すると電源が入ります。

iPhoneの自動ロックをオンにする

基本的にはオンになっている設定ですがもし、オフになっていれば設定をしましょう。

【設定】→【画面表示と明るさ】→【自動ロック】

から自動ロックされる時間を設定しましょう。

自動ロックがオフになっているとずっと画面がついている状態になるのでバッテリーの減りが早くなってしまいます。

AssistiveTouchから画面をロックする

自動ロックをオンにしていても早くても30秒ほど時間が掛かってしまいます。
もし、すぐに画面ロックをしたい場合は、アクセシビリティボタンの設定をし、画面ロックをしましょう。

AssistiveTouchの設定方法は、

【設定】→【アクセシビリティ】→【タッチ】→【AssistiveTouch】

をオンにします。
これで画面上にAssistiveTouchが出てくるのでそのボタンを押し、

【デバイス】→【画面をロック】

これでスリープボタンが反応しなくても画面をロックすることができます。

スリープボタンが凹んでいる時はすぐに修理に持っていく

もし、落下などでスリープボタンが凹んでいるときはすぐに修理に持っていきましょう。
ボタンが凹んでしまい、常に押されている状態だと再起動を繰り返すので操作をすることができなくなってしまいます。

ボタンが凹みiPhoneを操作することができない状態なら修理に持っていき、iPhoneを直しましょう。

iPhoneを修理に持っていく時にはGenius Barなどの正規店か街の修理屋さんか迷う所ですがデータが正規店だとほぼ確実にデータが消えてしまいます。
データが大事ということであれば街の修理屋さんに持っていくのが良いと思います。

街の修理屋さんならスリープボタンの交換などで直る可能性があるのでデータは消えないことも多いですが損傷具合によってはスリープボタンの交換では直らないことがあるのでその時は正規店に持っていきましょう。

iPhoneを修理に持っていく際の注意点

・保証状況を確認する
・バックアップを作成する
・予約を取る

以上が端末を修理に出す際の注意点です。

iPhoneの保証状況を確認する

まずは、iPhoneに保証が残っているか確認しましょう。
保証が残っていて、ボタンが凹んでいなくてスリープボタンが反応しないときは正規店なら無料で修理して貰えることが多いです。

ただ、画面割れなどがあると料金が発生するので注意しましょう。

保証が切れてしまっていると正規店に修理に持っていった際には料金がかなり高額になってしまうのでその時には街の修理屋さんに持っていきましょう。

iPhoneの状態によっては街の修理屋さんでも修理できないこともあるので注意しましょう。

保証状況はAppleサポートから確認しましょう。

iPhoneのバックアップを作成する

正規店に修理に持っていった際にはおそらく初期化を試すと思います。
その為、正規店に持っていく時にはデータのバックアップが必須となります。

データがなくなっても大丈夫という方はバックアップを作成しなくても問題ないですがデータが消えてしまったら困るという方はデータのバックアップとアプリの引継ぎの設定はしてから修理に持っていきましょう。

正規店で初期化をしなかったとしても正規店の修理内容は、本体の交換になるのでデータは消えてしまうので注意しましょう。

街の修理屋さんでは、データを消すことは無いと思うのでデータのバックアップは必須ではありません。
スリープボタンの交換でデータが消えてしまうということはほとんど無いと思いますが念のためバックアップを作成してから修理に持っていきましょう。

iPhoneのバックアップ方法。

来店予約を取る

これも正規店では、必須になります。
正規店だと予約が無いと対応して貰えないことが多いので正規店に修理に持っていく時には必ず予約を取ってから持っていきましょう。

街の修理屋さんでは、予約が無くても対応して貰えることが多いので飛び込みでも問題ないと思いますが混み具合によっては待ち時間が発生してしまうのですぐに対応してもらいたい方は電話かネットで予約を取ってから修理の持っていきましょう。

まとめ

以上がスリープボタンが反応しないときの対処方法と修理方法です。
保証が切れてしまっているときとデータを消したくない場合は、街の修理屋さんの方がオススメです。
ただ、街の修理屋さんで修理したことを正規店に店員さんが気付くとAppleの保証が適用できなくなってしまうので注意しましょう。

0

コメントをする

ログインしてコメントする※コメントは承認後に表示されます。