iPhoneナビ | iPhone修理店を検索
iPhoneナビ | iPhone修理店を検索 > 記事一覧 > お役立ち情報・コラム > 【iPhone】カメラに異物が映っているときの修理方法|正規店と街の修理屋さんのメリット・デメリット

【iPhone】カメラに異物が映っているときの修理方法|正規店と街の修理屋さんのメリット・デメリット

この記事は約 1 分で読めます
-

iPhoneのカメラはどんどん向上していき、綺麗に写真が撮れるようになっています。

iPhoneの中に埃などが入っているときもあるので確実に修理になるわけではありませんが、まれに埃ではなくカメラ自体に黒い点などがついているときがあります。
iPhoneを購入してすぐにこれがついていると初期不良の可能性が高いので修理に持っていきましょう。

カメラに異物が映ってしまうときは修理に持っていく

カメラに異物が映ってしまうときは修理に持っていくのが良いと思います。
再起動や初期化などで直る可能性が非常に低いのですぐに修理に持っていきましょう。

もし、埃などがiPhoneの中に入っているときは清掃で直るので街の修理屋さん、正規店どちらでも問題ないですがカメラ自体の不具合だとカメラ交換が必要になります。

Genius Barなどの正規店に持っていくメリット

・無料で修理して貰えることがある
・純正品と交換して貰える

以上が正規店に持っていくメリットです。
ただ、無料で修理して貰えるのは保証が残っていたり、画面割れなどが無い場合です。
保証が切れてしまっていると料金は確実に発生するので保証状況を確認してから修理に持っていきましょう。

保証状況を確認する方法は、Appleサポートから確認することができます。

街の修理屋さんに修理を持っていった際には、部品交換が行えても非純正品になってしまいます。
その為、一部機能が制限されてしまいますが正規店で部品交換をした場合は、純正品との交換になるので機能を制限されてしまうことは無いです。

正規店に持っていく際のデメリット

・予約が取りずらい
・店舗が少ない
・データが消えてしまう可能性がある
・料金が発生する可能性がある

以上が正規店に持っていくデメリットです。
正規店は、予約が取りずらい上に予約が無いと対応して貰えないことが多いです。
正規店は、平日問わず混み合っているので必ず予約を取ってから修理に持っていきましょう。
予約が無くても対応してもらえることもありますがかなり待ち時間が長くなってしまいます。

次に店舗が少ないですが、AppleStoreは特に少ないです。
ビックカメラやカメラのキタムラなどは正規店として修理を行っていますがそれでも各都道府県すべてに店舗があるわけではありません。
その為、修理に持っていく時にかなり遠出しないといけないということもあるのと思います。

データが消えてしまうことがあるですがカメラの不具合でカメラ交換で直らなければ本体の交換になります。
その為、iPhoneに入っているデータはすべて消えてしまいます。
また、修理をする前に初期を行ったりするのでデータが消えてしまう可能性は非常に高いです。
もし、正規店に修理を持っていく時にはデータのバックアップは必ず作成してから持っていきましょう。

iPhoneのバックアップ方法。

最後に料金が掛かる可能性があるですが画面割れなどが無ければ無料で修理して貰えます。
ただ、画面割れや水濡れなどがあるのと料金が発生し、AppleCare+に入っていなければかなり高額になってしまいます。

また、iPhone自体に割れなどが無くてもカメラレンズ自体が割れてしまっていると料金が発生してしまう可能性があります。
外側のカメラレンズなら街の修理屋さんで外側のカメラレンズを交換してから修理に持っていけば無料になる可能性はありますが内側のカメラ自体のレンズが割れてしまっていると料金は発生する可能性は非常に高いです。

街の修理屋さんに持っていくメリット

・すぐに対応して貰える
・画面割れなどがあっても部品交換できることがある
・データが消えない

以上が街の修理屋さんに持っていくメリットです。
街の修理屋さんでは、予約が無くてもその日に修理して貰えることが多いのですぐに直したい方は街の修理屋さんの方が良いと思います。

画面割れなどがあると正規店では、本体の交換になってしまいます。
本体の交換にならなくても画面とカメラの交換になってしまうことがあるので料金が発生します。

街の修理屋さんでも料金は発生しますが画面割れなどがあってもカメラだけ交換してもらえることも多いです。
これは、iPhoneの状態によるのでもし、カメラだけ交換したいということであれば一度街の修理屋さんに見てもらいましょう。

データが消えないですが正規店ではカメラ交換で直らなかった場合、データはすべて消えてしまいます。
また、初期化を行うこともあるのでデータが消えてしまう可能性は高いです。
街の修理屋さんの場合は、初期化をすることはまれなのでデータが消えてしまう可能性はかなり低いです。

街の修理屋さんに持っていく際のデメリット

・非純正品との交換
・Appleの保証が適用できなくなる

以上がデメリットになります。
まず、街の修理屋さんでカメラの交換をした場合、交換したカメラは非純正品になります。

これによって一部機能が制限されてしまうことがあったりするのでもし、街の修理屋さんで修理するときには機能が制限されるか聞きましょう。
また、若干色味が変わったりするので修理をする前に店員さんに確認しましょう。

Appleの保証が適用できなくなる
街の修理屋さんで修理をすることでAppleの保証が適用できなくなってしまうことがあります。
カメラ交換で保証が適用できなくなるかは正直微妙ですが画面交換なども一緒に行ってしまうとほぼ100%保証は適用できなくなります。

まとめ

以上がカメラに異物が映ってしまう時の修理方法と各修理業者のメリット・デメリットです。
自分でカメラの交換をするという選択肢はありますがiPhoneを壊してしまう可能性もあるのであまりオススメできません。

正規店か街の修理屋さんか迷うところですが保証状況によって決めるのが一番良いかと思います。

保証が残っていれば正規店、保証が切れていれば街の修理屋さんで良いと思います。
データに関して、正規店なら確実に消えると言われています。
ただ、消える可能性が高いのは事実ですが消えないことも多いです。

街の修理屋さんでは、消えないと言われていても消える可能性もあるので正規店・街の修理屋さんどちらに持っていく時でもデータの管理は自分でしてから持っていきましょう。

0

コメントをする

ログインしてコメントする※コメントは承認後に表示されます。