iPhoneナビ | iPhone修理店を検索
iPhoneナビ | iPhone修理店を検索 > 記事一覧 > お役立ち情報・コラム > 【iPhone】画面が浮き上がってきたときの修理方法|バッテリーが膨張なら正規店

【iPhone】画面が浮き上がってきたときの修理方法|バッテリーが膨張なら正規店

この記事は約 1 分で読めます
-

iPhoneは、まれにディスプレイが浮き上がってくることがあります。
画面が浮き上がってくると画面の操作をすることも難しくなりますし、誤動作も出て来たります。

・バッテリーの膨張
・iPhone本体が曲がっている

以上がiPhoneの画面が浮いてきてしまう原因です。
結論としてバッテリーの膨張が原因なら正規店に持っていくのが良いです。

iPhoneの画面が浮いてくる原因① バッテリーの膨張

先ほども記載したようにバッテリーの膨張が原因でiPhoneの画面が浮いてくることがあります。
iPhoneケースなどをつけていると結構わかりづらいですがケースを外し、横から見るとすぐわかります。
また、画面の左部分を押してみてニュートンリングが出るとバッテリーが膨張している可能性が高いです。

バッテリーが膨張することで画面が浮き、操作することも難しくなってきます。
さらにディスプレイが剥離してしまうとタッチパネルが反応しなくなってしまうという症状も出てしまうこともあります。

また、バッテリーが膨張することで充電が持たなくなってくることがあります。
急にiPhoneの充電が切れたり、酷くなってくるとケーブルからiPhoneを離すと電源が切れてしまうという状態になってしまいます。

iPhoneの画面が浮いてくる原因② 本体が曲がっている

iPhoneの本体が曲がってしまうことで画面が浮いてしまっているような状態になってしまいます。
本体が曲がってしまうことで起きる症状は様々で再起動を繰り返してしまったり、マイクが壊れてしまったりします。
本体が多少曲がっているだけでこれらが起きることが無いとは思いますが見て分かる程度に曲がっているとどこかしらに不具合が出てきます。

画面が浮いてきたiPhoneを修理する方法

・正規店に持っていく
・街の修理屋さんに持っていく
・自分で修理する

以上が修理方法です。

iPhoneの修理方法① AppleStoreなどの正規店に持っていく

画面が浮いてきたときに修理する方法の一つ目がGenius Barなどの正規店に持っていくです。
画面が浮いてくる原因がバッテリーの膨張なら正規店が一番です。

バッテリーが膨らんできたことで画面が割れてしまっていてもバッテリーの交換代金で本体の交換ができるので正規店がオススメです。
また、購入してから2年以内のiPhoneなら無料で本体の交換ができるので2年以内の端末は正規店に持っていきましょう。

バッテリーの膨張でも水濡れなどがあると料金がかなり高くなってしまいます。
AppleCare+などの保証に入っていれば正規店の方が良いですが入っていない場合は、街の修理屋さんなどを検討するのが良いと思います。

iPhoneの修理方法② 街の修理屋さんに持っていく

バッテリーの膨張なら正規店の方が良いですが本体が曲がってしまっている状態で画面が浮いている状態なら街の修理屋さんのが方が安く済むことが多いです。

AppleCare+などの保証に入られている方は正規店の方が良いと思いますが保証が切れてしまっている状態で正規店に持っていくと料金がかなり高額になってしまうので街の修理屋さんの方が良いです。
料金も安いですし、データも消えないので保証が切れている方で本体が曲がってしまっているときは一度、街の修理屋さんに持っていくのが良いと思います。

iPhoneの修理方法③ 自分でiPhoneを修理する

画面が浮いてきたときに自分で修理するという方法もありますが正直、オススメできません。
バッテリーの膨張なら自分で修理するよりも正規店の方が安く済みますし、本体が曲がってしまっているなら街の修理屋さんの方が安く済みます。

自分で本体を曲げたり、バッテリーの交換を行うこともできますがiPhoneを壊してしまうこともありますし、バッテリーの交換で発火してしまう可能性もあるのでiPhoneの画面が浮いてしまった時には修理店に持っていきましょう。

iPhoneを修理に出す際の注意点

・バックアップを作成する
・保証状況を確認する
・予約を取る
・ちゃんとしたお店を選ぶ

以上が注意点です。

iPhoneを修理に持っていく時の注意点① データのバックアップをする

正規店でも街の修理屋さんでもデータのバックアップは可能であれば作成してから修理に持っていきましょう。
バッテリーの膨張で正規店に持っていく時には、本体の交換になり確実にデータは消えてしまいます。
なので正規店に持っていく際にはデータのバックアップは必ず取ってから持っていきましょう。

iPhoneのバックアップ方法。

街の修理屋さんでデータを消すことはほとんどないですが念のためにデータのバックアップを作成しましょう。
ただ、データが消えてしまうことはかなりまれなので必ず必要というわけではないです。

iPhoneを修理に持っていく時の注意点② 保証状況を確認する

バッテリーの膨張が原因で画面が浮いているときは保証が切れていても正規店の方が良いですが本体が曲がってしまっているときは、保証状況で修理に持っていくお店を決めましょう。

保証状況は、Appleサポートから確認しましょう。

AppleCare+の保証に入っており、保証が残っているときには正規店で本体の交換をした方が安く済むのでオススメですが保証が切れてしまっていると正規店ではかなり高額になってしまうので保証が切れてしまっているときは街の修理屋さんに持っていきましょう。

iPhoneを修理に持っていく際の注意点③ 来店予約をする

これも正規店に持っていく際には、必須になりますが街の修理屋さんなら必ず必要というわけでは無いです。
バッテリーの膨張で正規店に修理に持っていく時には、必ず予約を取ってから持っていきましょう。
正規店は、予約が無いと最悪修理して貰えないので必ず予約を取ってから持っていきましょう。

街の修理屋さんなら予約が無くても対応して貰えることが多いので特別必要では無いです。
なので急いでいる方は、街の修理屋さんの方が柔軟に対応して貰えます。
さらに街の修理屋さんは、郵送での修理も対応しているので持っていくお店を確認してみましょう。

iPhoneを修理に持っていく際の注意点④ お店を見極めよう

これは、街の修理屋さんに持っていく際の注意点になりますが街の修理屋さんでもお店ごとに扱っている部品が様々です。
今回の画面が浮いてしまっている状態だと本体を元の状態近くまで戻すことのできるお店もありますができないお店もあります。

また、修理を行っていても適当な修理をされてしまい逆に壊されてしまうこともあります。
その為、修理に持っていくお店の情報を調べきちんとしたお店に修理に持っていきましょう。

まとめ

以上がiPhoneの画面が浮いてきたときの修理方法です。
バッテリーの膨張が原因なら正規店が良いですが保証が切れている状態で本体が曲がってしまっているときは街の修理屋さんに一度見てもらうのが良いと思います。

街の修理屋さんは、予約不要でデータも消えないことが多いのですぐに対応して貰えます。
時間が無い方やすぐに直したい方は、街の修理屋さんに持っていきましょう。

0

コメントをする

ログインしてコメントする※コメントは承認後に表示されます。